美容・健康のお悩み改善方法をご紹介!健やかに活き活きと…皆様に健康な明日を笑顔あふれる未来をご提供します。
 

 

  食材・食物

プロテオグリカン
聞きなれない言葉ですが、この「プロテオグリカン」が、
膝などの痛みにこまってられる方の救世主になるかもしれません

わけぎ
『分葱(わけぎ)』はネギと玉ねぎの雑種で主に関西以西で栽培される緑黄色野菜です

小松菜
野菜の中でトップクラスのカルシウムを含む小松菜について。

いちじく
「いちじく」は解毒作用が強く、痔やイボ、のどの痛みなど、
いっさいの腫物に効果があるとされています。

あさつき(浅葱)
ネギの一種で、万能ねぎやわけぎによく似た山菜です。

アシタバ
「アシタバ」は房総半島・三浦半島・伊豆諸島・伊豆半島や紀伊半島の太平洋岸に
自生する日本固有のせり科の大型多年草植物だそうです。

あずき(小豆)
「小豆」は中国では2000年も前から栽培され、餡の原料や汁粉、
赤飯などに使われています。

アスパラガス
「アスパラガス」はタンパク質含量の高い野菜で、
とくにアミノ酸の一種アスパラギンの多いことが特徴。

イチョウ(銀杏)
イチョウの葉にはフラボン・カテキンなど20種類以上の成分が含まれています。

オクラ
アフリカ東北部では二千年以上前から栽培されています。

お茶(緑茶)
毎食後に飲むお茶…お茶には優れた作用がたくさんあります。

かぼちゃ
ビタミンAを豊富に含み、また、でんぷんを糖に変える酵素を含んでおります。

カリフラワー
薬効としては、血液の流れを促し、肝の働きを高め、
目の疲れを癒して視力を高める働きがあるとされています

カレー
一つ目は色付けの「ウコン(ターメリック)」です。
あの黄色の色と香りは肝臓に良いとされる生薬だったんですね。

キャベツ
『キャベツ』の薬効としては熱を冷ましたり、腎機能を補って体内の余分な水分を
促したり、止血や痛みどめの効能があるとされています

クコの実
クコの実にはアルギニン、グルタミン酸、アスパラギン酸など
必須アミノ酸が含まれており、これらの栄養素が強壮作用や疲労回復に効果的です。

さつまいも
「さつまいも」にはヤラピンという白い液体は腸の働きを活性化し、
豊富な食物繊維との相乗効果をもたらすそうです

さんま
さんまは内臓まですべて食べられる魚です
内臓は貴重な苦味の補給源になるうえ、鉄分やビタミンA、B12などが
身よりも豊富なので、新鮮なものは丸ごといただきましょう

しじみ
成分としてまず『オルニチン』は代表的なものですね
しじみの味噌汁は肝臓によく、二日酔いに効くといわれています。

そら豆
『そら豆』は余分な水分の排出を促す手助けをしてくれます
湿気は体内に侵入して消化不良を起こしたり、
関節痛、頭痛、肩こり、むくみなどのトラベルの一因となります

たけのこ
筍は 老廃物や毒素をとり除くデトックス効果はピカイチです。
春の味覚を代表する筍は独特な強い苦味が特徴です。これが薬効の素となります。

チョコレート
チョコレートはカカオで作られます
そのカカオは…フラバノールという成分が多く含まれています。

にんじん
にんじんは五臓を温め、血を補い、全身を滋養とする働きに優れ、
また鉄分を多く含むことから、貧血や冷え性、虚弱体質、病後の回復などに
効果があります

ネギ
ねぎは古来から体を温めて発汗作用があり、熱を冷まして痛みを和らげる作用もあり、
風邪に対する万能薬として、発熱、頭痛、冷えによる腹痛を治す働きがあります

ハブ草茶
効能は習慣性便秘・高血圧・肝炎・脚気・浮腫・眼病・生活習慣病…と多種です

ふき(蕗の薹)
吸い物や前菜とし、青臭い特有の香りとほろ苦味を季節感とともに味わうことができます

マテ茶
効能としてダイエット効果・美肌効果・眼精疲労の改善・心機能の改善・
肝硬変の予防・腎機能の活性化などの効果があると言われています

モロヘイヤ
βーカロテン、カルシウム、カリウム、鉄などのミネラルが豊富で
骨格や歯の健康を維持し、骨粗鬆症の予防、中枢神経を鎮めて
イライラやストレス解消に役立ちます

よもぎ
『よもぎ』は血(ケツ)を補ってめぐりを良くする血の万能薬です

らっきょう
効能としては、血液サラサラ効果、疲労回復、筋肉痛および腰痛の解消、
利尿発汗作用、整腸殺菌効果、カルシウムの吸収促進、骨粗しょう症の予防、
心臓の負担を取り除く等多くの効果があります

わらび
薬効として腎機能を高め、精力を蓄え成長や生殖活動を支え、
利尿作用や皮膚や粘膜を強化し肌にうるおいと弾力をもたらす働きがあるとされています

牡蠣
アミノ酸の一種タウリンが多く含まれおり、他にもカルシウム、
亜鉛などのミネラル類・ビタミン類(A・B1・B2・B12他)も豊富です

金柑
『金橘(キンキツ)』という生薬名で言うこともあり、
果皮には『ヘスペリジン(ビタミンP)』を多く含まれています

金針菜
神経を安定させイライラ感を解消し、体内の熱や気の高ぶりを静め
自律神経のバランスを調整します

ホウレン草
『ホウレン草』を1日100g摂取することで、
1日必要なビタミンAやCをほぼ全量摂ることができるほど、
栄養価が高い緑黄色野菜の王様ですね

春が旬の食材は…
昔から『春には苦みを盛れ』と言われていますね

春菊
冬の旬の野菜ですが、春に黄色い花が咲くことから『春菊』という名前がつきました
濃い緑色のイメージが強い野菜で、香りも強くその香りの成分に薬効がるようです

色鮮やかな野菜や果物ががん予防の鍵になる?
がん予防の鍵になるとされる野菜や果物について少しお話をします

生コーヒー豆エキスの血糖コントロールへの影響
生コーヒー豆が血糖を下げると研究は発表について少しお話しましょう

生姜湯
もともと生姜の成分である『ジンゲロール』は殺菌作用があり、
また体内(血管)に入ると免疫力をアップする作用もあると言われています

西瓜(スイカ)
スイカの栄養や効能にも注目です小さいころ、よく言われていました
「腎臓や夏バテの予防にいいのでしっかり食べてね」

節分「いわし」
いわしは皆さんもご存知と思いますが、栄養価の高い魚です
タウリン・EPA・DHA・亜鉛・ビタミンB2・ビタミンD・カルシウム・鉄分などが
豊富です

冬瓜
「冬瓜」には体を冷やし、熱を冷ます効果があるとされています


桃は果肉の色から「白桃」と「黄桃」に分類されます

梅(実)
昔から梅は、『食の毒、水の毒、血の毒の三毒を絶つ』と評され、
薬効の高さは定評があります

舞茸(マイタケ)
寒さも本格化し、鍋物が美味しい季節となりましたね
鍋に欠かせないものというと、やはりきのこ類ですね

薬の相互作用(グレープフルーツ)
ご存じの方も多いとは思いますが薬との食べ合わせについてです。

柚子(ゆず)
言い伝えで『柚子湯の風呂』に冬至に入れば、
『1年中風邪を引かない』と言われています

緑茶、コーヒーの脳卒中リスク低減の可能性
緑茶またはコーヒーを毎日飲むことで脳卒中リスクが
低減する可能性があることが日本の研究で示されました

茗荷(ミョウガ)
働きとしては、眠気を覚ましたり、発汗を促したり、
呼吸や血液の循環を良くしたり、消化を促進したりします


 

 
 

 

 

からだ美容健康ナビ 薬剤師からの美容や健康情報をご紹介

トップページ 健康・生活 美容・スキンケア 食材・食物 個人情報保護 よくある質問 お問合わせ 運営会社 メルマガ  
メールからのお問合わせはコチラ メルマガ会員募集♪会員様限定のお得な情報配信!登録はコチラ  
このサイトにおける画像・文章などを無断でコピー、使用、転載することを禁じます。 (C)からだ美容健康ナビ

トップページ